能作

  • テーブルウエア
  • 壁材
  • 家具
  • インテリア雑貨
  • 照明
  • キッチン
  • エクステリア

より能(よ)い鋳物を、より能(よ)く作る

「もの」を作るだけでなく、「こと」「こころ」を伝えるために

株式会社 能作は大正5年(1916)、高岡に400年伝わる鋳造技術を用いて仏具製造を開始しました。鋳造とは、溶かした金属を型に流し込み、冷やして目的の形状にする製造方法をいいます。金属を流し込む型を鋳型(いがた)、その型から取り出してできた金属製品は鋳物(いもの)と呼ばれます。能作は、素材特性を最大限に引き出すべく 様々な鋳造方法・加工技術を用いることで 鋳物の可能性を拡げ続けています。

創業当時は仏具、茶道具、花器を中心に、くわえて現在ではテーブルウェアやインテリア雑貨、照明器具や建築金物なども手掛けています。風鈴やテーブルウェアの凛とした佇まいは、高度な鋳造技術や丁寧な仕上げ加工によるものです。また、本社工場では 先人により培われてきた生型鋳造法にくわえ 近年はシリコーン鋳造法を開発し、鋳造方法の研究や新業種(医療分野)とのものづくりにも着手しております。

さらに能作では、「もの」を作るだけでなく、「こと」「こころ」を伝える事業に取り組んでおり、2017年には産業観光をコンセプトにした新社屋をオープンいたしました。
職人目線で体感いただく工場見学や地元食材を能作の器で堪能できるカフェ、富山県内の観光情報を集めた案内スペース、鋳造体験ができる体験工房を併設し、県内外の皆さまに楽しんでいただけるスポットを目指します。

入り口に並ぶ木型原型

プロジェクションマッピングや観光カードで富山を紹介

本社限定のアイテムも並ぶFactory Shop

地元の野菜をたっぷり使ったメニューが自慢のカフェも併設

子供から大人まで楽しめる鋳物体験

企業名 株式会社能作
住所 〒939-1119 富山県高岡市オフィスパーク8-1
URL

一覧へ戻る