杉原商店

  • 壁材
  • インテリア雑貨
  • 和紙

越前和紙(福井県越前市)の零細な生産者による手作り和紙の企画、製造、販売、用途開発が私たちの仕事です。

福井県越前市今立地区は、人間国宝の岩野市兵衛さんも居られる和紙の里として、また日本最古にして最大の和紙の生産地として全国に知られています。現在ではインクジェットプリンターやレーザープリンターで印刷が出来る名刺用紙から、建築素材として空間を演出する大判和紙まで、時代に適応した様々な用途の和紙を生産する町となっています。そしてその紙漉きの若手・中堅どころが、外の世界へと繋がる窓口がこの杉原商店です。杉原吉直社長は、ヨーロッパやアメリカでの見本市にも積極的に出店し和紙の可能性を世界に発信し続けています。


杉原商店は様々なオリジナル商品を開発しています。和紙に越前特産の漆を塗った※「ul washi 漆和紙(うるわし)」。和紙を建築材料や空間演出に活用できるオーダーメイド和紙「Sun Hold Collection サンホールコレクション」。和紙をちぎった耳を活かして動物をシルエットとした「chigiri washi ちぎり和紙」。越前伝統の透かし技法を応用して手漉きの名刺に簡単にプリントできる※「Chigitte name-card ちぎって名刺」。二層漉き技法を活用しインクジェットプリンターにも対応するリバーシブル和紙※「Habutae paper 羽二重紙」。柔らかな和紙の性質を利用してエンボスでは表現できない凹凸感を出しながらも裏面には凹みが出来ない新技法「decor washi 凸和紙」。ドイツ人デザイナー、ヨルグ・ゲスナーによるステーショナリシリーズ「joyo」。芝浦工業大学橋田規子教授とのコラボレーション「3D Washi」等々。
※印は株式会社杉原商店の登録商標です。

企業名 株式会社杉原商店
住所 〒915-0235 福井県越前市不老町17-2
URL

一覧へ戻る